睡眠障害の強い味方『メラトニンサプリ』

睡眠は生きていくうえで必要不可欠のものです。あなたはしっかりと睡眠をとっていますか? - ストレスによってメラトニンが不足している

ストレスによってメラトニンが不足している

眠りたいのに眠くならなくて困っている人が多いようですが、その原因の一つにはストレスがあるようです。
現代社会ではストレスを感じる事が多くなっているようで、そのためにメラトニンの分泌が減ってしまっている場合があります。
メラトニンは眠るための準備として分泌されるホルモンですから、これが上手く分泌されないと眠気を感じにくくなってしまうのです。

夜になるとメラトニンが分泌される

昼間にもメラトニンが分泌されることはありますが、周囲が明るい場合にはあまり分泌されないのです。
ですからメラトニンによって眠気が出てくる事は少ないものの、暗くなると共にメラトニンの分泌量が増えていきます。
そうなってくると徐々に身体としても眠る準備が出来ていくので、普通であれば夜になると眠ることが出来るのです。
夜になってもストレスが原因でメラトニンの分泌が十分に出来ていない場合には、眠気を感じない事もあります。
眠ろうと無理に頑張っても、逆に目が冴えてしまう事もあるのです。

メラトニンをサプリで補う

夜になれば分泌されるはずのメラトニンが足りなくて睡眠障害になっている場合には、サプリで補う事が出来ます。
メラトニンサプリを眠りたい時間の30分程度前に飲んでおくことで、眠気を感じやすくなるのです。
メラトニンには薬の他にサプリがありますから、個人輸入にはなるものの入手することが出来ます。
国内では入手できませんが、アメリカなどでは普通に売られているのです。

メラトニンを補えば眠りやすい

眠れない原因にはメラトニンの不足以外も考えられますが、サプリを使って解決できれば手軽に済みます。
病院で相談するような時間もかかりませんし、メラトニンサプリは入手しやすいものですから試しやすい解決方法なのです。

関連する記事