睡眠障害の強い味方『メラトニンサプリ』

睡眠は生きていくうえで必要不可欠のものです。あなたはしっかりと睡眠をとっていますか? - メラトニンを飲まない方が良い場合もある

メラトニンを飲まない方が良い場合もある

睡眠に問題を抱えている場合、その改善のためにメラトニンサプリを使ってみたいと思っている人もいるでしょう。
最近は海外から簡単にメラトニンのサプリを個人輸入できるようになったので、実際に使っている人も多いようです。
ただ、メラトニンには副作用はほとんど無いものの、誰もが飲んで安心できるものではありません。

子供には飲ませない方がいい

メラトニンはホルモンになるので、子供に対しては飲ませない方がいいと言われています。
ただ、これに関しては実際に服用させた際の副作用が証明されているわけではなく、安全を考えて言われていることになります。
ですが成長期になる子供にホルモン剤を与えるとなれば、何らかの影響が出てもおかしくはないのです。
今のところは問題が発生したという報告がないとしても、今後もそうだとは限りません。
ですから、メラトニンサプリを子供に服用させるのはやめておきましょう。

妊娠したいと思っている女性

子供だけではなく大人に関しても、妊娠したいと思っている女性に関しては服用しない方が良いのです。
これはメラトニンを大量に摂取することによって、排卵が止まってしまうことがあるからです。
摂取量によるので、一般的な量でメラトニンサプリを服用する分には影響が出ないとも考えられます。
排卵に影響が出たと確認されたのは、一般的なサプリで摂取する十倍以上の量なのです。
ただ、メラトニンがホルモンの一種である以上、妊娠を望んでいるのであれば避けておいた方が無難なのです。

メラトニンサプリの服用には注意も必要

薬とは違ってサプリであるメラトニンに関しては、気軽に服用してしまう人もいるでしょう。
ですが場合によっては服用しない方がいい人もいるので、問題ないか確認してから利用する事も大切です。

関連する記事