睡眠障害の強い味方『メラトニンサプリ』

睡眠は生きていくうえで必要不可欠のものです。あなたはしっかりと睡眠をとっていますか?

服飾専門学校とは?学科や学費をご紹介

服飾専門学校とは?学科や学費をご紹介 – 服飾専門学校はファッションを仕事にしたい人が通う学校です。ファッションに関する勉強をしたい人も、服飾専門学校で基礎から学ぶことができます。自分が学びたいことを探している途中の人もおすすめです。

ファッションに関係することを学べるのが服飾専門学校です。ファッションや服飾と聞けば着る服だけを思い浮かべるかもしれませんが、現在ほとんどの服飾専門学校ではヘアメイクやメイクアップ、基本的な美容術などおしゃれに関する講義もおこなっています。
そのため、服に関することに加えて美しく見せるためのノウハウもしっかりと学ぶことができます。ファッションに関する業界へ進出したいと考えているのであれば、服飾専門学校へ通うことが一番です。
そこで今回は、服飾専門学校ではどのような授業を行っているか、どんな就職先があるのかなど詳しくご紹介していきたいと思います。

■どんな学科があるのか

服飾専門学校とは?学科や学費をご紹介


服飾専門学校は日本国内だけでも多数あり、それぞれに用意されている学科があります。基本的な学科もありますが、その学校独特の学科もあります。自分が今何を学びたいのかを判断して学校に入るようにしたいですね。

基本的にあるのは、アパレル関係です。アパレル技術・アパレルデザインなど服の製作を目的とした勉強を行います。学校によっては、「服飾科」と大きく分けて、学年を進めるとデザインや技術、オートクチュールなどそれぞれ別の学科へ分かれていきます。

アパレル以外だと、ファッション関連の流通を学ぶコースもあります。例えば、ファッションモデルになったり、スタイリストになったり、メイクを学ぶのもこの学科になります。

また、帽子やアクセサリー、靴のデザインをする学科もあります。ファッション業界への入口としては一番の近道になります。

■こんな勉強がしたい人にもおすすめ
服飾専門学校では、服に関わる仕事に就くために必要な勉強をすることができますが、案外知られていないのが、ショップ店員や流通に関する勉強です。アパレル業界の営業部などに就職したい、流通させるための役職に就きたいという人も、服飾専門学校で学び必要な資格を取得することができるのです。
「ショップ店員なんてアルバイトでもできるんじゃないの?」と思っている人も多そうですが、ブランドショップなどでは専門学校で資格を取っている人を優先的に採用しますし、一部のブランドでは資格を有していないと応募すらできないというケースもあります。
好きなブランドショップで仕事をしたいという人は、服飾専門学校で必要な勉強をしましょう。

■学費はどのくらいかかるの?

服飾専門学校とは?学科や学費をご紹介


専門学校は入学金を始めとする学費がかかってしまいますが、服飾専門学校ではどのくらいの金額がかかってしまうのか調べてみました。学校によって細かく変わってしまいますが、平均値を調べてみました。

まず、初年度学費として約100万円前後の金額が必要となります。有名な服飾専門学校では、初年度の学費は120万円というのが基本のようです。
学校によっては、学科ごとに追加料金や入学金、授業に使用する道具や教科書なども一緒に購入するので、150万円前後が必要となるようです。

2年次からは、年間で学費が必要となります。専攻学科へ進んでも総合学科のままでも、初年度と同じ、もしくは数万円アップした金額になります。

金額だけを見ると決して安くはない金額になりますが、他の業種の専門学校に比べてみると服飾専門学校の方が安くなっているのです。

■服飾専門学校を目指すなら

服飾専門学校とは?学科や学費をご紹介


ファッション業界に身を置きたいと考えている人は、ひとまず服飾専門学校に進むのが一番のルートになります。独学では仕事につなげることがとても難しくなってしまいますので、学校に通って必要な資格を取得しましょう。

Back to top